なお長期国債買い入れを主張する向きも、日銀内で次の一手に-関係者

  • 異次元緩和の柱だった長期国債買い入れ、政策委員会内で増額に賛否
  • 黒田総裁の講演では、マイナス金利の功罪を指摘

日本銀行内では、20、21の両日開かれる金融政策決定会合で行うマイナス金利付き量的・質的金融緩和の総括的な検証後の次の一手として、長期国債の買い入れを望む向きが引き続き存在することが、事情に詳しい関係者への取材で分かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。