華潤ビールがSABの中・東欧資産買収検討、アサヒと競合か-関係者

中国の華潤ビールは、英SABミラーの中・東欧資産の買収案を検討しており、同資産は約60億ドル(約6180億円)と評価されている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  詳細が公になっていないとして匿名を条件に話した関係者によると、雪花ブランドのビールを製造する華潤ビールは買収提案に関しアドバイザー候補と協議している。べルギーのビールメーカー、アンハイザー・ブッシュ(AB)インベブのSABミラー買収が完了した後、チェコの「ピルスナー・ウルケル」醸造会社を含む中・東欧資産の売却プロセスが来月に始まる見通しだという。

  関係者のうち3人によれば、華潤ビールはアサヒグループホールディングスなどと買収を争う可能性がある。ABインベブとアサヒ、華潤ビールの代表者はそれぞれコメントを控えた。

原題:Snow Beer Maker Said to Mull Bid for SAB’s Central Europe Assets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE