米国の男女の賃金格差、過去最小に縮小-チャート

  米国勢調査局の13日の発表によれば、同国で男女の賃金格差が昨年、過去最小に縮小した。男性の賃金が依然として女性を上回っているものの、男性賃金に対する女性賃金の比率は79.6%と、インフレ調整後のデータとしては1960年以降で最高となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。