米AEP、4つの発電所売却でPE投資会社と合意に近い-WSJ紙

  • ブラックストーンとアークライトに約21億ドルで売却へ
  • 売却するのは米中西部の石炭火力発電所1つと天然ガス発電所3つ

米電力会社アメリカン・エレクトリック・パワー(AEP)は米中西部にある4つの発電所をプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社のブラックストーン・グループとアークライト・キャピタル・パートナーズに約21億ドル(約2160億円)で売却することで合意に近づいている。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が13日、事情に詳しい複数の関係者からの情報を引用して伝えた。

  売却するのはオハイオ州チェシャーの石炭火力発電所と、同州とインディアナ州の3つの天然ガス発電所。13日にも発表される可能性があるとしている。

  AEPとブラックストーン、アークライトに電話でコメントを求めたが返答はない。

原題:AEP to Sell Four Power Plants for $2.1 Billion, WSJ Says (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE