米AEP、4つの発電所売却でPE投資会社と合意に近い-WSJ紙

  • ブラックストーンとアークライトに約21億ドルで売却へ
  • 売却するのは米中西部の石炭火力発電所1つと天然ガス発電所3つ

米電力会社アメリカン・エレクトリック・パワー(AEP)は米中西部にある4つの発電所をプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社のブラックストーン・グループとアークライト・キャピタル・パートナーズに約21億ドル(約2160億円)で売却することで合意に近づいている。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が13日、事情に詳しい複数の関係者からの情報を引用して伝えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。