トランプ財団の調査開始、慈善行為の順法性で-NY州司法長官

  • シュナイダーマン司法長官は既にトランプ大学について調査中
  • トランプ陣営は「左翼がまた妨害しているにすぎない」と反論

米ニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官は13日、米大統領選の共和党候補であるドナルド・トランプ氏の慈善団体トランプ財団が州法を順守しているかどうかの調査を開始したことを明らかにした。
  
  同長官は既に、トランプ氏の不動産専門学校であるトランプ大学について、いい加減な不動産セミナーで学生から金を巻き上げているとして調査を続けている。サンディエゴの元学生による2件の訴訟もあり、11月8日の大統領選を前にトランプ氏には法的問題をめぐる懸念が増えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。