日銀ETF購入、日本株の流動性問題つながらず-ブラックロック

更新日時
  • 時価総額全体に占めるETF割合は3%程度、米国に比べ小さい
  • 「最適化」投資で流動性低下時にも対処可能

日本銀行が進める指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れ策は、日本株市場における流動性問題を引き起こしてはいない。世界最大の資産運用会社である米ブラックロックの見解だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。