エリオットのシンガー氏:長期債は売り、インフレリスクを予想

  • シンガー氏はNYで開催の「デリバリング・アルファ」会議で発言
  • 世界の経済と金融市場は「極めて危険な」局面にある

ヘッジファンド運用会社エリオット・マネジメントを率いるポール・シンガー氏は13日、投資家が長期債を売り払うべきであり、主要7カ国(G7)の国債でも安全な資金の避難先ではないと警告した。

  シンガー氏はニューヨークで開かれた「CNBC・インスティチューショナル・インベスター・デリバリング・アルファ・コンファレンス」で、低調な経済情勢の中でもインフレが「皆を驚かせ」、「目標を突破する」リスクが見られると指摘。世界の経済と金融市場は「極めて危険な」局面にあると述べた。

  同氏はさらに、少なくとも2009年半ば以降は成長押し上げのために金利の手段だけに頼るのではなく、財政政策も必要だったが、「欠けていた」と語った。
  
原題:Elliott’s Singer Says Sell Long-Term Bonds, Sees Inflation Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE