米国株:反落、S&P500は7月以来の安値-緩和弱まるとの見方で

更新日時

13日の米株式相場は反落。世界的に金融緩和による景気刺激策が弱まるとの思惑から売りが膨らみ、欧州から米国にかけて国債とともに下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。