米アトランタ連銀のロックハート総裁、来年2月に退任

米アトランタ連銀は、ロックハート総裁が2月28日付で退任すると発表した。総裁在任期間は10年となる。

  アトランタ連銀が13日発表した声明によれば、同連銀の理事会議長トーマス・ファニング氏が中心となり後任探しに着手する。全国からさまざまな候補者を検討する計画で、人材あっせん会社のスペンサー・スチュアートを起用した。

  2月に70歳となるロックハート総裁は、連邦公開市場委員会(FOMC)では中道派とされ、反対票を投じたことは一度もない。また緩やかに利上げするというイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長の方針を支持している。  

原題:Atlanta Fed President Lockhart to Step Down in February (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE