JPモルガンのアードーズ氏、ストックピッカーの整理には良い時期

米JPモルガン・アセット・マネジメントのメアリー・キャラハン・アードーズは、世界的に見てトップの成績を上げていないストックピッカーを整理する良い時期だとの認識を示した。

  アードーズ氏は13日、ニューヨークで開かれたCNBC主催の会議で、この業界は成長し、ヘッジファンドの数は1万7本に増えていると指摘。ヘッジファンドからの資金流出が3四半期続いていることについては懸念していないと述べた。

  「資本はシフトしつつある」と同氏は語った。

原題:JPMorgan’s Erdoes Says It’s Good Time to Weed Out Stock Pickers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE