日銀一手に戦々恐々、銀行株とTOPIXの変動率格差が09年来高水準

東証1部33業種の銀行株指数とTOPIXの50日ボラティリティのスプレッドが2009年以来、7年ぶりの高水準に達している。20ー21日に日本銀行の金融政策決定会合を控え、マイナス金利の深掘りなど追加緩和策の有無や方向性を見極めようとの姿勢が投資家の間で強まり、市場平均以上に動きが荒くなってきた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。