空売りヘッジファンドが頼る新進気鋭の日本人-辛辣な指摘で存在感

  • ウェル・インベストメンツの荒井裕樹氏が標的とした3銘柄は下落
  • 荒井氏はポジション持たず、ヘッジファンドなど外国人投資家が顧客

物言う空売り投資家が日本株式市場に参入する中で、これまで無名だった地元アナリストが空売りで最も影響力を持ち得る人物として存在感を示しつつある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。