超長期債が下落、検証めぐる観測でツイストスティープ化-中期は買い

更新日時
  • マイナス金利の深掘りで超長期買い入れ減額との見方強まる-岡三証
  • どの程度スティープニングさせたいのか明確でない-三菱モルガン証

債券市場では超長期債相場が下落。日本銀行が行う総括的な検証に伴い、マイナス金利政策の深掘りとともに長短金利差の拡大に動くとの観測を背景に超長期債は売りが優勢だった。一方、期間の短いゾーンは堅調で、利回り曲線はツイストスティープ(傾斜)化した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。