香港H株:続落、2営業日で2月以来の大幅安-景気刺激観測が後退

更新日時
  • 上海・香港証取接続を通じた香港株購入が停止された
  • ハンセン指数は0.3%安-上海総合は0.1%未満の上昇

13日の香港株式市場で中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数は続落。2営業日ベースでは2月以来の大幅な下げとなった。景気刺激策観測が後退したほか、上海・香港の証券取引所接続を通じた香港株購入が停止されたことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。