クリントン氏:式典退席は暑さにやられただけ-病歴の追加開示約束

  • 「めまいがして体の平衡感覚を失った」とCNNインタビューで説明
  • 健康に関する自分の情報開示はトランプ氏をはるかに上回ると指摘

米大統領選挙の民主党候補、ヒラリー・クリントン氏は12日、前日にニューヨークで開かれた同時多発テロの追悼式典を途中退席したのは暑さで一時的に体調を崩したためだと説明した。クリントン氏は、にわかに浮上した健康不安説に加え、自分の体調について正直に語っていなかったとの批判への対応を迫られている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。