1万円で7週間パスタ食べ放題-米「オリーブ・ガーデン」が提供拡大

  • 食べ放題券は3年連続での提供、今回販売分は昨年の10倍余り
  • 風変わりな試みで顧客の呼び込み狙う

Olive Garden's lasagna primavera with grilled chicken.

Photographer: The Washington Post/Getty Images
Photographer: The Washington Post/Getty Images

外食産業が積極的に値引きやプロモーションを展開する中で、米ダーデン・レストランツが運営する飲食チェーン「オリーブ・ガーデン」は、同チェーンにとって最も風変わりな試みであるパスタ食べ放題券の提供を拡大する。

  顧客は100ドル(約1万円)を支払ってこの券を購入すれば、7週間オリーブ・ガーデンのパスタが食べ放題となる。パスタ食べ放題券は3年連続での提供となり、今年は今月15日に発売される。しかし、今回販売するのは2万1000枚と、2015年9月に提供した2000枚の10倍余りとなる。昨年は数秒で売り切れた。

  オリーブ・ガーデンのパスタ食べ放題券「ネバーエンディング・パスタ・パス」はそれ自体ではあまり大きな収入にはならない。1枚100ドルでは全部売れても210万ドル程度だ。しかし、同社が期待しているのは、食欲旺盛なファンが他の顧客を連れてくることだ。

  オリーブ・ガーデンのマーケティング担当エグゼクティブバイスプレジデント、ホセ・ドゥエナス氏は「パスタ・パスの保有者は昨年、7週間のプロモーション期間中に平均28回使用した。友人のグループを連れてくることが多かった」と説明した。

  パスタ食べ放題券はクレジットカードのようなプラスチック製で、表面に顧客の氏名が印刷されている。10月3日から11月20日までの7週間、パスタのほかスープやサラダやスティックパンが食べ放題、炭酸飲料が飲み放題となる。

原題:Olive Garden’s Unlimited Pass Shifts From Novelty to Key Tactic(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE