新興市場ETFへの資金流入総額、2兆円を突破-チャート

  新興市場への資金流入は先週も引き続き衰えることはなかった。その後、9日に世界的な下落が始まった。新興国の株式と債券を購入する上場投資信託(ETF)へは15週連続で資金が流入し、総額は200億ドル(約2兆400億円)を超えた。新興国の債券への投資意欲は中央銀行の景気刺激策に下支えされ、それが先進国の利回りを押し下げるとともにリスクのより高い資産の需要拡大につながっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。