ゴールドマン契約コピーもEU要求-ロビイスト扱いされるバローゾ氏

  • バローゾ氏は欧州委で前委員長ではなく、利益代表として扱われる
  • 欧州委は前委員長にゴールドマンとの契約に関する条件の開示求める

米銀ゴールドマン・サックス・グループで顧問を務めるバローゾ前欧州委員長(元ポルトガル首相)の役割を欧州連合(EU)オンブズマン(行政監察官)が問題視したことを受けて、EUの行政執行機関である欧州委員会は、ゴールドマンでの新たな職務に関する「明確な説明」と契約書のコピー提出をバローゾ氏に求める方針だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。