「何も分かっていない」鉄鉱石の弱気派、再び誤った見方-クリフス

  • 価格は50-60ドルで推移と予想、CISAの李氏の見通し引用
  • 弱気派の予想は現実になっていない:ゴンカルべスCEO

鉄鉱石生産で米最大手のクリフス・ナチュラル・リソーシズのローレンコ・ゴンカルべス最高経営責任者(CEO)は鉄鉱石価格について、弱気派は再び誤った見方をしていると指摘した。中国の需要が安定する一方、新規供給の影響は予想されていたほど深刻ではないため、価格は1トン=50ドルを上回る水準を維持する可能性が高いとみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。