米ソーラーシティー、融資とリース料債権譲渡で310億円を確保

  • 長期のリース料債権を現金化する取り組みは同社にとって2回目
  • リース料債権の買い手はクオンタム・ストラテジック・パートナーズ

屋上太陽光システム設置の米ソーラーシティーは2つの手法で3億500万ドル(約310億円)を調達した。1つは期間18年の融資、もう1つは屋上の太陽光設備のリース料債権譲渡だ。同社の株価は約3カ月ぶりの大幅上昇となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。