農産物取引オラム:穀物の安値は来年にかけて続く-供給過剰が下押し

  • オラムCEO:トウモロコシと小麦の安値は向こう半年続く見通し
  • 穀物事業全体のバランスシートは厄介な状況

農産物取引大手オラム・インターナショナル(シンガポール)は、穀物価格の安値が来年にかけて続くとの見通しを示した。供給過剰と中国の需要軟化が価格に下押し圧力をかけるとみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。