米国は中国からの投資急増を受け入れるべきだ-ポールソン元財務長官

  • 米国が歓迎しなければ中国の資金を取り逃がすことになる
  • 中国の対米投資が伸びれば日本からの投資はかすんでしまう可能性

ヘンリー・ポールソン元米財務長官は12日、中国との貿易や中国勢などによる米企業の買収には政治的な抵抗があるものの、米国は中国からの投資を呼び込む取り組みを強化すべきだとの見解を示した。

  ポールソン氏は12日に公表した「中国の対米投資の解明」と題するリポートで、米企業買収や新たな拠点開設など、中国企業による米国への直接投資は向こう5-10年で急速に伸びるだろうと指摘。中国からの投資拡大に伴い、日本の対米投資がいずれかすんでしまいかねないとの予想を示した。

  ポールソン氏は電話インタビューで、「中国の米欧への投資は拡大する見通しだが、米国が歓迎しなれば相応の分け前は得られないだろう」と語った。

  ブルームバーグの集計データによれば、中国企業が今年、米企業買収に投じた額は約760億ドル(約7兆7200億円)と、これまでの過去最高の2倍強となっている。10年前は21億ドルでしかなかった。

  米大統領選のキャンペーンでは中国はしばしば非難の的とされてきた。共和党候補のドナルド・トランプ氏は大統領に就任した場合は中国を為替操作国に認定し、同国が通商ルールに違反すれば一段と厳しく対応すると公言するなど、批判の急先鋒(せんぽう)だ。

  ポールソン氏は「米国に広がっている保護主義の波を大いに懸念する。外国貿易と海外投資は経済成長の重要な要素だからだ」とした上で、貿易には長所もあれば、特定産業で雇用が削減されるといった短所もあると指摘。「しかし失業の多くは貿易が原因ではない。失業を促しているのは技術の進歩だ。技術進歩は概して社会に恩恵をもたらすが、創出される分よりも多くの雇用をなくし、中間層を空洞化させている」と説明した。

原題:U.S. Should Embrace Chinese Investment Surge, Henry Paulson Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE