9月に米利上げでも金需要は抑制されない可能性-チャート

  金連動型上場投資信託(ETF)として最大の「SPDRゴールド・シェアーズ」の運用者にとって、米国の利上げが今月予想外に実施されても投資家の金需要が抑制されることはないだろう。SPDRゴールドには今年に入ってほぼ120億ドル(約1兆2200億円)が流入し、年間では2004年の設定以降で最大となりそうだ。ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズのETF・投信調査責任者デービッド・マッツァ氏は、米金融当局による利上げが今月実施されれば市場での広範囲にわたる下落のきっかけとなる可能性があるが、金利は依然として歴史的な低水準近くにとどまるため金が弱気相場入りすることはないだろうとの見方を示した。

原題:September U.S. Rate Hike Wouldn’t Spoil Appetite for Gold: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE