サムスン電子の李会長の資産評価額、2日間で1200億円減少-チャート

  サムスン電子の李健熙会長の資産評価額が2日間で12億ドル(約1200億円)近く目減りした。サムスン電子が示した懸念に続き、米規制当局が同社製大画面スマートフォン「ギャラクシーノート7」の保有者に対し、発火の恐れがあるとして電源を切るよう呼び掛けたことを受け、同社の株価は9日以降11%下落した。ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、李会長の資産評価額は135億ドルで、依然韓国で首位。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。