米7大学の寄付基金、16年6月期運用成績マイナス-不安定な市場響く

  • カリフォルニア大、オハイオ州立大は共にマイナス3.4%
  • 市場は「少し悲惨な状況だった」:カリフォルニア大寄付基金CIO

カリフォルニア大学を含む米国の公立大学7校の寄付基金は2016年6月期の投資リターンがマイナスとなった。経済成長低迷と市場のボラティリティ(変動性)による打撃を受けたことが響いた。これら7校の運用資産はそれぞれ10億ドル(約1000億円)を上回る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。