ブレイナード理事の利上げ慎重論、9月FOMCの議論誘導か

  • ブレイナード理事は先制的利上げより下振れリスク予防の政策を支持
  • 「市場向けというより他のFOMCメンバー向けの発言」との分析も

米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事は、危機後の金融政策マニフェストと言える立場を打ち出した。利上げが喫緊の課題ではないことを訴えるのが狙いだ。少なくとも今月の連邦公開市場委員会(FOMC)はこれに同調することになるかもしれない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。