LMEニッケル:1カ月ぶり大幅安、米利上げ観測強まる-銅は上昇

12日のロンドン金属取引所(LME)でニッケル相場は約1カ月ぶりの大きな下げ。米金融当局が利上げに近づきつつあるとの懸念が強まる中、大半の工業用金属が下落した。

  LMEのニッケル相場(3カ月物)は前週末比2.8%安で終了。LMEではアルミニウムと亜鉛、鉛、スズも下落したが、銅は値上がりした。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物12月限は前週末比0.4%高の1ポンド=2.10ドル。

原題:Gold, Metals Slide as Bets on Higher U.S. Rates Erode Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE