ブレイナードFRB理事:「慎重さ」維持が必要-政策引き締めで

更新日時
  • 9月FOMC前の当局者発言はブレイナード理事の講演が最後
  • インフレと雇用のデータに緩やかな改善が見られる-同理事

米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事は、金融政策の引き締めに当たっては今後も慎重さを維持する必要があるとの認識を示した。一方で米経済については、金融当局の目標達成に向けて緩やかに前進しつつあると述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。