ECB、銀行不良債権処理で指針-先送り姿勢の決別

  • ユーロ圏の銀行、合計で124兆円の不良債権抱える
  • 指針に拘束力はないものの、罰則科す可能性にも含み

欧州中央銀行(ECB)はユーロ圏の多くの銀行を圧迫している不良債権処理への取り組みを強化する。緩い監督と弱々しい経済成長が続いたために深刻化した問題の修復を図る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。