キャメロン前英首相、議員を辞職-補欠選挙へ

デービッド・キャメロン前英首相が12日、下院議員を即日付で辞職した。前首相のウィットニー選挙区の補欠選挙が行われることになる。国民投票で欧州連合(EU)離脱が選ばれ首相を辞してから3カ月未満での議員辞職となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。