キャメロン前英首相、議員を辞職-補欠選挙へ

デービッド・キャメロン前英首相が12日、下院議員を即日付で辞職した。前首相のウィットニー選挙区の補欠選挙が行われることになる。国民投票で欧州連合(EU)離脱が選ばれ首相を辞してから3カ月未満での議員辞職となった。

  キャメロン前首相は12日、ITVニュースで「夏の間に時間をかけてじっくり考えた」と語った。首相を辞任したいきさつから、自身が議会にとどまれば「政府がやろうとすること全てについて焦点をずらす要素になるだろう」と説明した。

  

原題:Cameron Says He’s Quitting U.K. Parliament Immediately(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE