独シーメンス:オスラムの持ち分売却を検討、中国企業に-関係者

ドイツのエンジニアリング会社、シーメンスは照明機器メーカー、オスラムの持ち分売却を検討している。中国のGSRゴー・スケール・キャピタルなどが買い手候補だという。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。シーメンスのオスラム持ち分は7億7700万ユーロ(約880億円)相当と評価されている。

  オスラムの17%株式に関する合意は早ければ今月にも発表される可能性があると、関係者らは匿名を条件に話した。ゴー・スケールは今回の持ち分取得をオスラム持ち分のさらなる積み増し、あるいは同社への買収提案に向けた第一歩に活用する可能性があるという。オスラムの時価総額は9日時点で約46億ユーロ。最終決定は下されておらず、ゴー・スケールはなお拒否する可能性もあると関係者らは述べた。

原題:Siemens Said to Weigh Osram Stake Sale to China’s GO Scale (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE