中国工業銘柄の空売りうかがうカーンズ氏-H株上昇で好機到来を予想

  • 小さめの中国工業銘柄に着目
  • カーンズ氏は中国株の調査を10年以上続けている

世界でも値上がりが際立つ香港上場株に、少なくとも1人の著名空売り投資家が関心を示している。

Eos Holdings President Jon Carnes.

Source: Jon Carnes via Bloomberg

  中国株の空売りでキャリアを築いたジョン・カーンズ氏は、香港上場で規模が比較的小さい中国本土の工業銘柄を標的にしようと検討している。香港に上場する中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数は過去1カ月で8.1%高と、ブルームバーグが集計する世界の株価指数の中で最も大きく上げている。

  カナダのバンクーバーを拠点とするカーンズ氏は「香港株が力強く回復する中で、興味深い空売りの好機が幾つかある。空売りのチャンスが向こう数カ月にいくぶん訪れると思う」と話した。特定の銘柄への言及は控えた。

  カーンズ氏は1992年に投資家としてのキャリアを開始し、少なくとも10年にわたり中国株を調査し続けている。2009年前後に財務報告を水増ししていると同氏が判断した銘柄を空売り対象とする機会に焦点を絞り始めた。

原題:Short Seller Carnes Seeks Targets as Hong Kong Stocks Rally (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE