香港H株:7カ月ぶり大幅安、金融株に売り-米国の利上げ観測懸念

更新日時
  • ハンセン指数は前週末の約1年ぶり高値から3.4%下落
  • 上海総合は1.9%下げ、過去に当局が買い支えに動いた3000に近づく

12日の香港株式市場で中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数は7カ月ぶりの大幅下落。金融株を中心に売られた。年内の米利上げ観測が高まり、これまで世界の株式の中でも大きく上昇してきた香港株を押し下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。