米国株急落、ローボラティリティETFも容赦せず-金利動向影響も

  • 「S&P500ロー・ボラティリティ」は3%近い下げ-9日の取引
  • 金利の方向に敏感になり得るというのが1つの特徴-カリバス氏

英国民が欧州連合(EU)離脱を選択してから最も大きく相場が下落した9日の米株式市場では、変動を最小限に抑えるよう設計された上場投資信託(ETF)もその影響を免れなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。