OPEC非公式会合の重点、増産凍結から自主的な生産制限に移行か

  • 生産の上限設定の選択肢はイランなど反対派の抵抗かわす方策に
  • 大半の国々は、増産継続に多少の余地残した水準要求:ジャコブ氏

今月アルジェリアの首都アルジェで開かれる石油輸出国機構(OPEC)非公式会合に備え、各国高官らがテヘランとモスクワ、パリの間を行き来する中、加盟国の取り組みの重点は増産凍結から自主的な生産制限へと移っているようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。