VWは債券市場への年内復帰を引き続き計画-CFOインタビュー

更新日時

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は、ディーゼル車の排ガス不正が約1年前に発覚して以降、債券市場での起債がほぼ停止していたが、近く市場に復帰する計画だ。同社の財務の健全性をめぐる不安について、債権者が過去のものと考える条件が整う兆候と受け止められる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。