クリントン氏は肺炎、米同時テロ式典で脱水症状に-担当医師

更新日時
  • アレルギーに関連したせきの発作が続き肺炎と9日に診断したと医師
  • クリントン氏の健康不安説が再燃

11日の同時多発テロ追悼式典に出席するクリントン氏.

Photographer: Bryan R. Smith/AFP via Getty Images

ニューヨークで11日に開かれた同時多発テロの追悼式典で、体調不良を訴え退席した米民主党大統領候補、ヒラリー・クリントン氏の病状について担当医師は、クリントン氏は肺炎にかかっており、式典中に暑さで体調を崩し脱水症状を起こしたと説明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。