【今週の債券】金利低下か、スティープ化はクライマックス―買い目線

  • 長期金利の予想レンジはマイナス0.10%~プラス0.01%
  • 利回り曲線の傾斜化はそろそろ終わり-マスミューチュアル

今週の債券市場では長期金利が低下すると予想されている。金融政策の先行き不透明感を背景にした先週までの相場下落で、利回り曲線のスティープ(傾斜)化が進んだことを受けて、投資家などから買いが入るとの見方が背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。