米国債(9日):長期債中心に下落-金融緩和策の効果を疑問視

更新日時

9日の国債市場では米国やドイツ、日本などで相場が大きく下落した。各国の金融当局が、利回りを前例のない低い水準に押し下げてきた大規模な金融緩和策の効果を再考しつつあるとの懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。