NY原油(9日):大幅反落、在庫急減は一時的現象との認識広がる

9日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が大幅反落。先週の米在庫が17年ぶりの大幅減少となったのは熱帯暴風雨のために輸入と海底油田での生産に障害が生じたためであり、影響は一時的なものとみなされた。株安とドル高も売りを誘い、週間での上げ幅は3.2%に縮小した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。