トルコ経済:4-6月に成長鈍化、民間投資低調で-予想に届かず

  • 民間投資は前年同期比1.6%減、家計消費は5.2%増と引き続き堅調
  • 今回のGDP統計はまだクーデター未遂による影響を反映せず

トルコの経済成長は4-6月(第2四半期)に鈍化した。民間投資の減少が響いた。

  トルコ統計局が9日発表した4-6月の国内総生産(GDP)は前年同期比3.1%増加。ブルームバーグがアナリスト14人に実施した調査の予想中央値では3.7%増が見込まれていた。前期比では季節調整済みで0.3%増加。今回のGDP統計には7月のクーデター未遂による影響はまだ反映されていない。1-3月(第1四半期)は前年同期比4.7%増だった。

  GDP成長率が市場予想を下回ったのは2014年7-9月(第3四半期)以来。トルコ中央銀行による貸出金利の引き下げでGDPの約3分の2を占める家計消費は前年同期比5.2%増と引き続き堅調だった一方、民間投資は1.6%減。政府支出は15.9%増。1-3月は10.9%増だった。

原題:Turkey GDP Growth Slows as Investments Slump in Second Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE