中国は漸進的な元安容認を、資本規制緩和続ける必要-人民銀の樊委員

中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策委員会の樊綱委員は、ドル上昇が見込まれる中で人民元の漸進的な下落が容認されるべきだと述べた上で、中国本土からの資本流出にもかかわらず資本規制の緩和を続ける必要があると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。