中国は漸進的な元安容認を、資本規制緩和続ける必要-人民銀の樊委員

中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策委員会の樊綱委員は、ドル上昇が見込まれる中で人民元の漸進的な下落が容認されるべきだと述べた上で、中国本土からの資本流出にもかかわらず資本規制の緩和を続ける必要があると指摘した。

  樊委員は上海でのブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、住宅分野と製造業の改善が進んでおり、中国経済は持ち直ししていないかもしれないが底入れしたと話した。当局は「漸進的な人民元下落を容認する緩やかなコントロール」を行うべきだとも語った。

  経済が依然として下振れ圧力に直面している中で「投資家が機会を求めて海外に目を向けるのは自然なことだ」とも言及。中国は民間セクターに資本移動を促し、本土の適格な個人投資家に対し対外投資を認め、一般国民の外国為替両替枠を緩やかに拡大すべきだと主張した。

原題:PBOC Adviser Says Yuan Should Weaken as Dollar Set to Strengthen(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE