黒田日銀総裁:総括的検証の実施を説明、外債購入触れず-首相と会談

  • 首相からは特別な話はなかったと総裁-会合は「定例的なもの」
  • 内外の経済金融情勢について意見交換-アジア経済の状況も

安倍晋三首相と黒田東彦総裁は9日昼、官邸で会談した。今月20、21日の金融政策決定会合を直前に控え、内外の経済金融情勢について意見交換した。黒田総裁が会談後、記者団に話した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。