ドル・円が反落、米利上げ観測後退や株軟調が重し-北核実験も嫌気

更新日時
  • 朝方の102円台半ばから一時101円97銭までドル売り・円買いが進行
  • 米利上げ期待の後退で、ドル・円は上値の重い展開続く-あおぞら銀

9日の東京外国為替市場ではドル・円相場が反落。9月の米利上げ観測の後退でドルの上値が重い中、日本株の下落を背景に一時1ドル=102円台を割り込んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。