北朝鮮:核弾頭の爆発実験を実施、小型核兵器が製造可能に

更新日時
  • 朴槿恵大統領、「異常なほどの無謀」な行為だと北を強く非難
  • 爆発規模は10キロトン相当で、前回の6キロトンを上回る-韓国

北朝鮮は建国記念日の9日午前、5回目の核実験を実施した。日韓などが強く非難する中、同国は小型化した核兵器の製造能力を有していると同日午後、発表した。

  国営テレビが伝えた声明によると、北朝鮮の金正恩政権は核実験で放射性物質の漏れはないと説明。国営の朝鮮中央通信は、同国が核弾頭の爆発実験を行い、その結果、核弾頭がロケットに搭載可能であることが示されたと報じた。

周辺地図

  この発表に先立ち、韓国の朴槿恵大統領は北朝鮮の挑発を「異常なほどの無謀」な行為だとして強く非難。こうした行為は自滅につながると大統領府ウェブサイトに掲載された声明で警告した。また北朝鮮が核兵器開発を断念するよう韓国は圧力を強めるとした。

  韓国当局者によれば、核実験が人工的な揺れを引き起こし、ソウル時間午前9時半前後に揺れが感知された。韓国国防省は今回の爆発規模はTNT火薬に換算して10キロトンに相当すると分析した。米地質調査所(USGS)によると、揺れはマグニチュード(M)5.3だった。今年1月に北朝鮮が4回目の核実験を実施した際も、今回と近い場所でM5.1相当の揺れが記録されたが、その爆発規模は推定約6キロトンだった。

  菅義偉官房長官は閣議後の記者会見で、北朝鮮の核ミサイル開発は日本の安全に対する重大な脅威であり、北朝鮮に対しさらなる独自制裁を考えていきたいと語った。

  今月中国で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議とラオスでの東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議では、オバマ米大統領や日韓首脳らが北朝鮮の核開発を抑制する強硬措置を訴えていた。

  ソウルの慶南大学のイム・ウルチョル教授(国際政治経済専攻)は、「北朝鮮は核実験をいつでも行えるよう準備万端にして、適切なタイミングを待っていた」と指摘。北朝鮮は小型化能力を高めようとしてきたとした上で、「弾頭が小さければ小さいほど、ロケットの航続距離は伸びる。結果はやがて明らかになるだろうが、現時点で私は北朝鮮の核技術は戦闘向けに応用可能となる直前の段階にあるとみている」と説明した。

  北朝鮮が核弾頭の小型化に成功したことが事実であれば、2006年以来核実験を4回実施してきた同国の核開発にとって画期的な前進となる。同国は13年の3回目の実験後、米本土に到達可能な核ミサイルを製造したと発表していたが、証拠をほとんど示さなかったため、兵器専門家は懐疑的見方を示していた。

  韓国総合株価指数は下げ幅を拡大。ソウル時間午後1時48分現在、1.5%安となっている。韓国ウォンは0.7%安。円はドルに対し0.4%上昇し、今週の上げ幅は1.8%となった。

  大和住銀投信投資顧問・経済調査部の門司総一郎部長は、北朝鮮が核実験を行ったという兆候に対する市場の反応は恐らく小さいだろうと指摘。これを材料にした取引はそれほど多くないだろうが、若干のリスク回避ムードに寄与するため、円上昇や株の伸び悩みにつながる見通しだと説明した。

  北朝鮮は今週、弾道ミサイルの発射訓練を実施。北海道沖に3発の弾道ミサイルが落下している。北朝鮮はミサイル開発を禁じた国連安保理決議を再三無視してミサイル発射を強行しており、米当局によれば、今年に入って少なくとも22回の発射を行った。

原題:North Korea Says It Tested Nuclear Bomb, Can Miniaturize Weapons(抜粋)

(北朝鮮の発表などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE