世界の食料価格:1年3カ月ぶり高水準-EUの牛乳生産減少で

  • 食料価格指数は8月に1.9%上昇、7月は1月以来の低下だった
  • 植物油と砂糖も国連FAOの食料価格指数を押し上げた

世界の食料価格は8月に1年3カ月ぶりの高水準に上昇した。穀物を除く全ての商品が値上がりしたためだ。

  国連食糧農業機関(FAO)が8日ウェブサイトで発表したデータによれば、食料価格指数は8月に1.9%上昇した。7月は1月以来の低下となっていた。73の食料価格を対象とする同指数は前年同月比では6.9%上げている。

  乳製品や植物油、砂糖を中心に上昇した。FAOによれば、乳製品価格指数は前月比で8.6%上昇。欧州連合(EU)の牛乳生産の落ち込みに伴い世界の輸出の減少幅は予想を上回る可能性がある。

原題:Global Food Prices Rise to 15-Month High as EU Cuts Milk Output(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE