米国債:下落、ECB総裁が追加緩和は当面必要ないと発言

更新日時

8日の米国債相場は下落。欧州中央銀行(ECB)が政策金利の据え置きと量的緩和プログラムの現状維持を決定し、ドラギ総裁が新たな刺激策は当面必要ないと述べたことが手掛かり。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。