NY金:続落、ECB総裁が当面は追加緩和の必要ないとの考え示す

8日のニューヨーク金先物相場は続落。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は量的緩和(QE)プログラムの検証を指示したと明らかにし、新たな刺激策については当面は必要ないとの考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。