ECB、金利と量的緩和の現状を維持-景気回復に差し迫った脅威なし

更新日時
  • 中銀預金金利はマイナス0.4%で据え置き
  • QEの技術的調整の有無に注目

欧州中央銀行(ECB)は8日、3つの政策金利の据え置きと量的緩和(QE)プログラムの現状維持を発表した。英国の欧州連合(EU)離脱選択などからのリスクもユーロ圏の景気回復に対する差し迫った脅威ではないと判断した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。