三菱自、燃費問題渦中にまたも不正、国交省が精査-資本提携に影

更新日時

日産自動車の傘下に入る予定の三菱自動車が燃費不正問題発覚後の再測定でも不正行為を繰り返していたことが判明し、国土交通省はあらめて同社の管理体制を厳しく精査している。事態の展開次第では日産自との提携スケジュールがさらに遅れる可能性もある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。